SJRプロジェクト Kazuki Kitamura

SJRプロジェクト Kazuki Kitamura
仮想通貨を、もっと身近に。
仮想通貨を、もっと身近に。

はじめに

仮想通貨案件多いでですね。

ジャンルはわかりやすく、

Bitcoin FXのシステムトレードかICO案件。

この2つしかないように思えます。

ひとまず、参加しているサロンでは、

  • 公開されるシステムトレードは大概稼げない
  • ICO案件はほぼ1000000%詐欺

という認識があるので、今回の案件は紹介というより、注意喚起ですね。

 

それでは、趣味で万年金欠、今は田舎の大学院で

引きこもり金欠オタクわたぬきの

オタクの稼げる商材レビュー

本日は SJRプロジェクト を確認します。

今ならもれなく10,000円プレゼント

仮想通貨を、もっと身近に。

「仮想通貨は面倒だ」そんな時代はもうおしまい

プレゼント、って言ってる時点でアウト。

間違いなくもらえない。

すでに結果がわかってるものを調べるのは苦ですが、

注意喚起のため、いつも通り特商法から確認します。

※当サイト内で掲載された情報は、充分に確認した上で掲載しております。しかし内容によっては情報が古い、間違っている可能性があります。購入される場合は十分な検討をした後、自己責任でお願い致します。

特商法の確認

特定商取引法に基づく表記

販売会社 SJR Project
販売責任者 kazuki kitamura (喜多村 一輝)
所在地 Building 1A, Dubai Design District – Dubai
電話番号
メール [email protected]
販売URL
販売価格

SJRプロジェクトの特商法の画像

SJRプロジェクトの特商法の画像
SJRプロジェクトの特商法の画像

販売URLがたくさんありますね。

全てSJRプロジェクトをオファーしているセールスページになります。

ここで気なる点といえば、

会社名・電話番号がない点です。

これでは連絡の方法がない、と言っても過言ではないでしょう。

国税庁法人登録の有無・所在地

会社名がないので所在地を調べてみると、

もう明らかに危ない案件かとわかると思います。

販売責任者の情報

喜多村 一輝
喜多村 一輝

 

喜多村 一輝

海外に在住28歳

スタンフォード大学を卒業後、

投資会社に就職しプロトレーダーとして成功を収める

現在は個人投資家として個人で年間、数億稼ぎ続けている。

というらしいです。

数億円稼いでるなら、わざわざICOする理由がないですよね。

わざわざ不特定多数に向けて本オファーを出している。

やはり何か裏があると思われます。

電話番号・メール

メールスタンドはエキスパを使っていますね。

ttp://sjr-project.comを他叩くと、リダイレクトされえて次のページへ

 

追加情報(販売者のブログ・SNSなど)

サーバ情報

大学院の専攻がITという観点から、この販売者バカだなーと思う点が1つ見つかりました。

ttp://tpo-center.net/

このURLを直接叩くと、ディレクトリ構造が見えるんですよ。

tpo-center.netのディレクトリ構造
tpo-center.netのディレクトリ構造

通常、ここは外部公開されてないので見えないんですが、

このドメイン管理者はITのずぶのど素人?の可能性があります。

これでスタンフォード卒とか笑っちゃいますね。

初歩の初歩ですよ、コレ。

なお、そのうち塞がれると思われます。(塞がれなったら管理者はアホかなと)

このフォルダにはまだ公開されていないセールスレターがドバドバありました。

セールスレターの確認

仕掛け人の情報

販売責任者と同じなのでスキップします。

 

商材の内容

SJRプロジェクトの資料

上記のディレクトリ構造を辿ると、

kazuki kitamura氏の資料があったので、直リンクを貼っておきます。

要するに

SJRプロジェクトに参加すると先行者利益あるよ!

10000円って言ってるけど、1000SJR=を送るよ!

本件は配当型トークンのICO案件だよ!

SJR Projectでは「配当型トークンシステム」を採用しており

あなたは最低1ETHをSJR Projectに預けておくだけで

毎日配当としてSJRをもらうことができます。

 

えっと、コレ最近詐欺と報道されたプラストークンと同じ配当型ですか…

 

こういった「投資案件」は大体、友人の招待で

固定・変動報酬がもらえるアフィリエイト制度を設けています。

アフィリエイトを設けた仕組みは、新規ユーザーの資産を初期ユーザーに

「健全な資産運用(今回であれば自動裁定取引)の配当」として配布する、

「ポンジスキーム(ねずみ講)」で成り立っているケースが多くあります。

また、今回のプラストークンの被害者の多くは、

暗号資産やブロックチェーン技術に関する知識のない人々であると推測されています。

 

当サイトの結論

当サイトでは本商材、 SJRプロジェクト を危険オファーと判断します。

本件を読む限り、コレはかなり危険な案件です。

参加は絶対しないでください。

頭を抱える男

副業相談受付中

本件に関する問い合わせは公式LINEか相談窓口にお願い致します。副業内容は下ボタンからご確認ください。

仮想通貨・暗号通貨カテゴリの最新記事